シミ対策にホワイトニングライン

simi7
シミ予防や、できてしまったシミを薄くする方法は、ファンケルのホワイトニング化粧液、ホワイトニング乳液、経済的に余裕があるならホワイトニングエッセンスを使うと効果的です。化粧液、エッセンス、乳液の順番で使用します。ホワイトニング化粧液と乳液で、紫外線ダメージによって生まれるシミをスタート段階からブロックするという効果があります。ビタミンCが入っているので肌のくすみも改善し、シミを薄くしてくれます。シミが薄くなることに加えて、肌が1トーン明るくなったように感じます。肌ストレスを取り除いてくれますし、美白効果があるので、自分らしさを出すのに力をくれるスキンケアだと思います。

今の、夏の時期では期間限定でビタミンC誘導体配合の、ホワイト洗顔パウダーCプラスという洗顔もお勧めです。洗うだけでメラニンを含む古い角層を穏やかに取り除いて明るい肌へと導いてくれます。この洗顔も、シミ対策に効果的だと感じます。外側のシミ対策では物足りないと感じるのであれば、ホワイトアドバンスというドリンクタイプとサプリメントもありますので、内側からのケアでシミも目立たなくなる、或いは消える事も期待できると思います。

シミを完全に消してくれる化粧品

シミ関連の化粧品は多く存在していますが、その中でも今注目されているのがハイドロキノン配合の化粧品です。
ハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれており、美白効果やシミを消す効果が非常に強い成分です。
しかしこの成分は刺激も非常に強い成分だったので以前までは日本での製造や販売は禁止されていました。
ですが、最近配合量に規制はあるものの日本でも販売が可能になったので一気に注目されるようになりました。

シミを消すのはもちろんですが、シミの原因でもあるメラニン色素の生成や沈着を抑える効果も十分あるためシミ予防にも最適です。
ただ注意も必要でハイドロキノン自体には保湿効果はなく、むしろ肌を乾燥させやすいという特徴があります。
なので化粧水や美容液にハイドロキノンが配合されていた場合、保湿力の高いヒアルロン酸やセラミドなども一緒に配合されているか確認しておきましょう。
また日本ではハイドロキノンの配合量は規制されていますが、海外のものだと日本の製品よりも多く配合されているものがあり、ネットで気軽に買うことができます。

しかし先程も言った通り、非常に刺激が強い成分なので海外製のものを買う際には十分注意しましょう。
正しくハイドロキノンを使えば綺麗にシミを消すことが出来るので是非活用してみてください。
simi6

日焼け止めは自分に合った物を…

少し前まではガングロメイク…なんて流行っていて、わざと日焼けさせたりしてましたよね。
あの頃そのメイクをしていた人達って今頃、シミやシワが結構出来ているのでは…と他人事ながら心配です。だって、そんなことをしなくても私なんて、シミに悩まされるんですからね。

シミ対策としては、やはり一番に日焼け対策ですよね。
そして、色の白いのは七難隠す…と言う通り、理想としては白色の肌ですよね。
それには、やはり日焼け止めは絶対です。
今は、高い数値の日焼け止めが沢山出ていますが、それは肌の負担が大きかったりします。

自分の肌に合った日焼け止めを見つけるのも大切ですね。
また、屋内や屋外で使い分けをすると良いんですけどね。
そうしたいと常日頃から私も思っていますが、これがなかなか難しいんですよね。
また、出来てしまったシミ対策として私は、洗顔は茶のしずくを使用しています。
この洗顔石鹸にしてから、シミが薄くなってきました。

なので、継続して使っているのと、後はメイクで消す事ですよね。
最近は、DHCのpwコンシーラーがお気に入りです。
筆状なので塗りやすく、ピンポイントでカバーしてくれます。
simi3